顔料に最も近い固形画材がパステル。
顔料が持つ鮮やかな色合いがそのまま用紙に表現できるのが魅力です。
やわらかく、やさしいトーンに仕上がるので、子供の頬などやさしいタッチで
描きたい部分など大いに力を発揮します。
 
>PORYCHROMOS PASTEL
ポリクロモスパステル
>CREATIVE STUDIO
オイルパステル
>CREATIVE STUDIO
ソフトパステル
 
 
 
使用する部分で多彩に表現
先端の角部を使って細密な線を描いたり、側面を寝かせて均一な幅のゆったりしたタッチを作り出したり、一部を削って粉状にして指やスポンジで伸ばしたりなど、多彩な表現が可能です。
 
指で伸ばしてぼかし効果
パステルで描いた部分を指などで伸ばしたり、削って粉状にしたものを伸ばすことで、ぼかしの効果やグラデーション効果が手軽に作り出せます。異なる色の粉末を使えば混色することも可能です。
 
水で溶かして表情豊かに
水を含ませた筆で描いた部分をなぞるとパステルの顔料が溶けて水彩画のような表現が作り出せます。透明感のある「ぼかし」が作品を表情豊かに演出します。