共に未来へ
 
 2011年7月6日にドイツ・ファーバーカステル社は創業250年を迎えました。1761年にカスパー・ファーバがニュールンベルグ郊外のシュタインで鉛筆の製造を開始して以来250年にわたり、ファーバーカステル社はファミリーカンパニー(同族会社)として代々その子孫に引き継がれ、現在では8代目に至っております。小さな工房からスタートし、今日では従業員数5,500名を誇る世界的企業に発展しました。
 

 “A.W.FABER”の刻印を入れた世界で初めてのブランド鉛筆を発表した、4代目のローター・ファーバー。これをきっかけに、A.W.FABERの名は全世界に知られ、飛躍的に広まっていきました。その後、世界で最初の六角形デザインの鉛筆が発表され、この鉛筆の「長さ・太さ・硬度」が現在の鉛筆の世界的な基準となりました。

ローター・ファーバーの信念は、今日もファーバーカステル社の企業理念として引き継がれています。伝統を守り、飛躍的な活動を続けることが私共の思想の基礎であり、皆様にご満足頂ける最高品質の製品をお届けすることがファーバーカステル社の理念です。

時代が求める新しい製品を生むことが、皆様のご期待に応えることであり、ファーバーカステル社にとっての目標です。また環境保護を最重要視していることも 忘れてはなりません。

 

 軸部の黒いドット製造方法に特許を取得した、ユニークな形状が特徴の"GRIP2001"。このグリップ2001鉛筆は、その斬新なデザイン、自然環境への配慮、価格、パッケージ、親しみやすさなどが高く評価され、すでに4つの名誉ある賞を授与されています。これはたとえ単なる鉛筆であっても、伝統を守りつつも革新的な商品を開発するチャンス・姿勢があることを 証明しています。

 
本HPに掲載されている商品は、革新的なアイデアを用いたデザインや天然素材を生かし、且つ、培われた伝統技術を維持しながら商品開発を続けるファーバーカステルの理念を象徴しています。ファーバーカステル製品が皆様のお役に立つことを、心から願っております。